手の甲のシミ~秋・冬のシミケア方法

顔のシミは気にするくせに、意外と見落としがちなのが手の甲のシミです。
顔のシミ対策は万全と言っていいほどですが、手の甲のシミ対策はほったらかし状態な私でした。
常日頃から日傘を使ったり、半袖のシーズンは腕の日焼け対策の為の腕カバーはするものの、手の甲まで覆うようなことはしていませんでした。

しかし若い頃はそれでもよかったのです。
手なんか誰も見ないし、まず私自身が手には無頓着でした。
ただ年齢を重ねてくると、いろんなものが見えてくるようになりました。

パソコンで入力している時、不慣れな為時々キーボードを確認するのですが、その時嫌でも手が目に入ります。
それまで気が付かなかったのですが、手に何かシミのようなものを発見しました。
のようなもの、ではなく完璧にこれがシミなんだと確信しました。

よくおじいちゃんやおばあちゃんが手の甲にもたくさんシミを作っているイメージがあったので、
とうとう自分がその領域に達してしまった悲しみに暮れてしまいました。

けれど悲しんでばかりもいられません。
初めて手の甲のシミ対策を開始です。

最初は同じ皮膚だからと、顔用に普段から使っている美白化粧水と乳液を、
顔のついでに手にも塗りこむようにしました。

今までは顔の後は首筋までしか伸ばしてなかったので、意識して実践です。
かれこれ50年以上も放置してしまった手の甲のシミが、
今更すぐにどうこうなることは難しいでしょうが、とにかく気長に取り組むことに決めました。

またネットで手の甲のシミ対策などもたくさん検索しましたが、専用のクリームは見当たりませんでした。
一番良いのがレーザーでシミを取ることのようでしたが、怖くてできません。
きっとお金もかかるでしょうし、正直シミを取るなら顔の方のシミを先に取らないといけないのが現状でした。

結局顔優先で手の甲のシミは後回しになりがちですが、ネットで検索している時に驚いたことがありました。
自分が思う以上に、人様は他人の手の甲を見ているらしいのです。
しかも他人の手の甲のシミで不快に感じる人もいるほどで、その記事を目にしてからは考えが変わりました。

人は見た目が100%です。
それは顔や服装のことだけと思っていたのですが、見られているのはそこだけではなかったのです。
それに気づいてからは、化粧のついでにファンでを手の甲にも少しだけですが塗るようにしました。
意外とこれだけでも手の甲のシミが気づきにくくなるのです。

また常日頃のお手入れも大事だと思い、寝る前のハンドクリームは欠かさないようにしました。
今注目しているのがハイドロキノンという成分です。
美白の効果が高いようですが、やはり人によって向き不向きがあるようです。
自分に最適な物を探しつつ、本当におばあちゃんになった時に手の甲も綺麗ねと言われることを目標にしています。





【お勧めサイト】
難しい手の甲のシミ対策に、効き目のある
シミ消しジェル・シミ消しクリームをランキング形式でご紹介しているサイトです♪
↓↓↓
手の甲のシミを消したい!手のシミに効くシミ消しクリーム徹底比較ランキング

生活するうえで、気を付けるべきことや
自宅でケアする方法など、詳しく載っていますよ。